HOME>合気観照塾

脚が浮くバランス

合気観照塾 2019.01.12

中央で吸い上げて上肢を天井に向けて伸ばし、股関節が寄って脚が浮くバランスを検証する

伸ばした軸を縮めずに弛めて、上肢と下肢の繋がりを保ったまま、中央の上げ下ろしによって腕を回転させる

片脚を椅子に上げて股関節から体幹を倒して弛みを取り、更に呼吸で立ち上げることで中を伸ばす

丹田が充実するように重心を移動し、後ろ足が浮き上がる瞬間に脚を寄せることで、筋力ではなくバランスで段差を昇る

左右の下肢から繋がる引きと攻めを、仙腸関節の幅で切り替えて行き来させる

下肢後面の伸びを手まで反映させて、後方の攻めによって前方の相手に力を伝える

片側の鼠径部を解放して、目線や意識の方向と一致させて向きを変え、ジグザクに足を踏み出して前に進む

脚の向きや幅、骨盤の角度など条件を変えながら、四肢から丹田に集まってくる流れを集約できる前提を検証する

後脚の寄りや両手の擦れや相手の負荷によって、丹田の充実感を高め、解放する動きで体当たりする

勁を発する前に弛めて肩や肘の力を抜いて通り道を作り、指の先まで届くように放つ

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/955-6b8717f0

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】