HOME>呼吸動作研究会

張りも締まりも自然に起こる

呼吸動作研究会 2019.01.27

今月の研究会は、菅野さんが担当してくださいました。

仰臥位で、腰の下に座布団を下腹部には手を置き、内側から膨らむ力を観察しました。
脚の置き方や骨盤の角度によって、呼吸の通りが変わることを確認しました。
同様に側臥位や伏臥位でも、ポジショニングや座布団の位置を変えながら、呼吸で前後左右を膨らませました。
股関節が深まり、第五腰椎が入るバランスで、膝が弛むように姿勢を取りました。
肩甲骨を寄せながら上げ、腋窩の深みを保ったまま腕を伸ばしていけると、股関節と繋がって伸びていきました。
手を伸ばそうとして、先に肩や腕を動かしてしまうと、途端に繋がりが途切れることを感じられました。
それから、大腿部に帯を巻いて、呼吸に伴う張りを観察しました。
脚を外に開こうとするのではなく、弛んでいく流れに伴う開きを意識することで、力を抜いたまま張れるバランスをチェックしました。
身体の張りも締まりも、呼吸が通っていれば自然に起こる動きだということを実感しました。
その後、仰臥位で足底に帯を通し、息を吸いながら膝を浮かせました。
帯の弛みを取り、軸を伸ばしたまま息を吐けると、身体が繋がって踵まで伸びていきました。

後半は、前半の学びを応用して、膝を浮かせてセンターに近付け、伸展を導く施術を行ないました。
術者の軸が伸び、腕を吊れると、手の力が抜けて繋がる位置が感じられ、弛んでいく流れに付いていくことが出来ました。
自分が検証した繋がりがそのまま施術に反映され、感じられ動ける身体を創っていくことの大切さを実感できました。

担当してくださいましたKMさん、参加された会員の皆様、今月もありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/962-8c4e53c9

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】