HOME>合気観照塾

骨盤の動きを背骨に通す

合気観照塾 2019.02.16

第五腰椎が自由に動き、いつでも物打ちまで伸びが伝わる身勢で構え、相手の出方を待つ

会陰が締まり、第五腰椎が決まり、身柱が入り、第一頚椎まで伸びる方へ息を吸って、相手を浮かす

骨盤の動きを損なうことなく背骨に通すことで、自分に合気を掛けて、それを相手に反映させる

第五腰椎と第一頚椎が決まったら、間を自在に動かして、相手の形状に合わせて膨らませる

胸を開いて肩の力を抜いて弛め、肋骨を手のように動かして中心の動きを伝える

立体視の交差法と平行法で、芯を締めながら首を決め、視野を広げて浮き上がるのを待つ

呼吸や眼からの力の出入りと指先までの意識を繋げ、全体で一致させて抜いたり入れたりする

母指を肚と繋がるバランスに合わせて吸い込み、五指の先まで伸ばして自分の弛みを取り切る

軸を一切ぶらさずに第五腰椎を決めると刀が浮き始め、下肢からの吸い上げを伝えて左腕を伸ばすことで頂点まで上げる

分け目の感覚を維持しながら左右の股関節を立て替えて、両肘を回転させて搦める

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/969-ecaaf256

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】