HOME>呼吸動作研究会

ポジショニングと呼吸

呼吸動作研究会 2019.02.24

今月の研究会は、私が進行役を担当させて頂きました。
先月、「横になって呼吸をするときに、良いポジショニングが分かりにくい」と言う課題を頂いていたので、それを元に進行しました。

側臥位で股関節、膝、足首を曲げたり伸ばしたりして、骨盤の傾きや脊柱のカーブとの関係を確認しました。
同様に、肩や肘や手首の角度を変えて、反る丸める動きとの連動を観察しました。
そして、どちらにでも揺れることの出来るバランスで、姿勢を取りました。
仙骨や仙腸関節や第五腰椎の位置を触れてチェックし、それらが呼吸でどのように動き、伝わっていくかを観察しました。

仰臥位で、下腹部に息を吸うと腰が決まる位置に座布団を入れました。
そこから順に背骨を反らせていき、頚まで繋げました。
腕を上げると脊柱が反ることを確認し、腕からでは無く、呼吸と下からの連動によって腕が上げるように意識しました。
肩甲骨から肘、手首と繋げ、指先まで伸ばしました。

椅子に座った状態でも同じように、両手を組んで手を上げていきました。
下ろすときも手が先行しないよう、骨盤から弛めて落としました。
また、相手に手の上に乗せてもらい、手で上げた時と呼吸で上がった時の感覚の違いを検証しました。

後半は、前半の内容を踏まえて、側臥位で施術をし合いました。
ポジショニングを整えることで、固まっている場所が浮かび上がり、呼吸が通りやすいバランスに近付けることで、相手の身体に弛んでいく動きが起こることを体験しました。

グループに分かれても、それぞれの組み合わせに応じて情報交換をされていて、会が全体として成長していることを嬉しく思いました。
参加してくださいました皆様、今月もありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/971-e5270ce9

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】