HOME>呼吸動作研究会

軸を意識しながら足を浮かす

呼吸動作研究会 2019.03.24

今月の研究会は、K元さんが動作処方の処方箋を使って進行してくださいました。
立位で左右の足のバランスをチェックし、足の向きを変えたときの違いを、呼吸や重心の移り変わりや動作のしやすさを基準に観察しました。
両足の向きを揃えるのも、足を浮かさずに、足を浮かせて、軸を意識しながら足を浮かせて、と三通りの違いを検証しました。
中央への寄せを意識することで、足元の物を拾いやすくなったり、身体が捻りやすくなることを体感しました。
重心の位置や身体の偏りなど、本人の感じ方と外から見る人の印象が異なることもあり、そのズレを興味深く感じました。

それから、ペアに分かれて、お互いの身体を観察しました。
片側の腕を上げたときの足底の着き方、足を上げたときの頭のブレ、上を向くとき下を向くときの起点など、動作や着眼点を変えながら動きました。
固まっている箇所に拘らずに、離れた場所との関連性を感じながら動いている内に、全体のバランスが整っていくことを実感しました。

後半は、グループに分かれて、鍼治療を研究しました。
それぞれの診立てや施術後の変化を確認し合うことが出来て、色々と発見がありました。

参加された皆様、今月も貴重な体験させてくださり、ありがとうございました。
来年度もよろしくお願いします。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/980-d99d651e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】