HOME>合気観照塾

合気を掛けるときの身勢

合気観照塾 2019.04.06

下肢内側の張りと繋げて臀部を内側から充実させ、腰を入れて脊柱を伸ばし、前・中・後ろのどの位置でも合気を掛けられるように揺れる

鳥と亀やたまたまなど、連続した体操の中にも、一つずつの動きで緊張と弛緩の臨界を意識しながら動く

前後左右の重心移動や呼吸の浮きで三次元的に弛みを取り、上着を掴む相手と繋がる一点に近付ける

浮いていくラインに刃筋を合わせ、落ちていく場所を空けるように下肢から動き、物理的な当たりでは無くバランスの変化で斬る

相手の鼠径部が入るように骨盤を丸めて腰を入れ、合気を掛けるときの身勢に導くことで合気上げをする

相手の腰に手を添えて、頭部まで繋がるように皮膚の弛みを取って浮かせ、頂点から足底まで落として膝を崩す

指先を立てて手首を決め、自分の弛みを取ったまま骨盤で茶せんを回すように手を転がして、相手を転ばせる

点に合わせて指先まで気持ち良く伸ばせる方へ手を開いて頚を決め、相手の傾いていく方向へ丹田で転がす

恥骨を寄せながら中央に骨盤を寄せて、左右の骨盤の輪の中をきっちり力が通っていくように廻す

肛門の締めと両手の動きを連動させ、常に会陰の締まりが抜けないように、全体のバランスを変える

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/983-991d90a8

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】