HOME>合気観照塾

相手を攻めながら引きつける

合気観照塾 2019.04.20

呼吸と共に自然に薄筋が利いたり腕が伸びていく、「ここしか無い位置」を厳密にチェックしながら体操をする
 
相手が向かってくる動きも含めて労宮で吸い込むことで手の形が生まれ、そのラインに逆らわないよう全体で動く
 
お互いが巻き込まれる中心を意識しながら、自分は固まらない方へ動き、相手のバランスを崩す
 
手の形や手首の角度や肘の向きの中に引きと攻めが表れ、相手を攻めながらも引きつける力が共存する
 
肘を腹側の伸びと繋げて引きと攻めが途切れないようにコントロールし、中を縮めずに伸ばしたままバランスを変え続ける
 
自分の中を螺旋状に吸い上げて、接点を介して相手に巻き付けて、一体となって動ける状態にする

下肢内側から臀筋間、仙腸関節、第五腰椎、季肋部、肋骨、頚部へと、呼吸で丁寧に繋げながら指先まで伝達する 

骨盤の外側で動いたり体幹を捻ったりせず、股関節を深めて、骨盤の内部の奥行きを意識して球を転がす

自分の意識の流れを邪魔せずに表現できるように、力を抜いて身体の中を自由に行き来できる状態にする

刀を上げるのではなく、刀を持ったバランスで腹側を上がってきた流れが上肢尺側に伝わるように順に伸ばしていく

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/988-2e050ffc

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】