HOME>合気観照塾

中心から腕を動かす

合気観照塾 2019.05.11

下からせり上がってくる動きで腹部を伸ばして、肩甲骨を落としながら腕を上げていく

肩甲骨や肩を通り道として自由度を保ち、細い幅で立て替えながら、中心から腕を動かす

肘を伸ばしきったり固めたりせず、腹側の伸びを尺側に繋げて、腕の行き先を肘で導く

肩甲骨を内側に寄せながら手首を決めて、上肢の弛みを取り切ると、身柱を通って頚が伸びる

相手の負荷を自分の身体を通して下まで落とし、そこからの吸い上げで相手に返す

息を吸いながら骨盤を締め、下肢が寄る力を下腹部に溜めて、上肢の浮きに繋げる

第五腰椎を入れて脊柱を順に反らせながら肋骨を締め、内圧を高めて腹部の空気を吸い上げる

水面に浮かぶように腕を下からの浮力で上げ、浮かせたまま肩の力が抜けて、手を自由に動かせるバランスを探る

相手に持たれた前腕の圧が均一になるように手を開き、丹田の動きを指先まで伝えて崩す

接点を一体にして中をどんどん細くしていくことで、伸びていく芯によって相手に通す

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/993-6c1e1c17

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】