HOME>合気観照塾

手の内の転がりと甲側の張り

合気観照塾 2019.05.18

勢いで誤魔化さずに、身体を下から立ち上げて、弛んでいく動きによって相手の行き先を導けるよう、スローで動く

手の内の転がりと甲側の張りを共存させて、呼吸に伴う骨盤の動きをそのまま手に反映させる

力を抜いて労宮から丹田に伝わっていく方向へ吸い込みながら、中指を自分と相手の中心に合わす

中指中心で直線的に突っ込まずに、薬指を浮かせて尺側を伸ばし、相手の裏側を通すように攻める

指先まで伸ばして五指の螺旋状の伸びを繋げていくことで、自分の中をたわませないようにバランスを変え続ける

中の吸い上げによって腕を浮かせ、弛んで下りていく動きと共に肘を回転させ、落下の方向を手伝うように股関節で落とす

中心から指先まで通っているからこそ、どこに触れられても同様に弛みが取れ、技が掛かる

接点を一体にしたまま、どちらにでも付いていけるように弛めておき、圧を均一にしたまま動ける方へ動く

実際の背より高く意識して浮かせ、背中より後方まで意識して通し、遠くから引いてくるように崩す

リラックスした気分のまま意識を広げ、外枠の実感を出さずに、中の張力によって柔らかいまま動く

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/994-4ac23c35

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】