HOME>呼吸動作研究会

呼吸をありのまま観察する

呼吸動作研究会 2019.05.26

今月の研究会は、「呼吸をありのまま観察する」というテーマで進行させて頂きました。
私自身が稽古する時に呼吸を「しよう」としてしまっていることを感じていたので、普段の呼吸から見つめなおして頂くことを目標としてメニューを考えました。

仰臥位で身体の着き方をチェックしてもらってから、呼吸の入り方を確認しました。
手をお腹の上に置いて、場所を移しながら、呼吸の動きを観察してもらいました。
それから、普段の呼吸で動ける範囲で息を吸いながら動き、吐きながら元の位置に戻しました。
膝を曲げて両脚を閉じたり開いたり、両手を胸の前で合わせて手を動かしたり、まぶたの開け閉めや、眼球を動かしてもらったりと、色々な動作を試しました。

そして、同じ動作をスローモーションで行なってもらいました。
同様の範囲での動きの中でコマ数を増やすことで、呼吸の変化を観察してもらいました。
坐位でも、目線と共に骨盤を前後左右に傾けたり、回旋したり、立ち上がったり、出来る限りゆっくり動いてもらいました。
そのあと、パートナーにお腹に手を当ててもらったり、腕を持ったりして、どれだけ呼吸を伝えられるか検証しました。
相手を動かそうとしなくても、ゆっくり丁寧に息が通る状態にあると、お互いがぶつかることなく交流できることを確認しました。

後半も、施術の診立てや手技など情報交換ができ、とても勉強になりました。
参加された皆様、今月もありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/995-c4918461

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】