HOME>合気観照塾

手首や手の内の深み

合気観照塾 2019.06.22

労宮で吸い込みながら指を伸ばし、大腿部から指先を離さずに、中心の動きで手を転がす

仙腸関節の幅で立て替え、左右の脚と腕の引きと攻めを一致させて、空けた道に相手を落とす

自分の中心の攻めで相手の中心を僅かにずらし、そこから生まれる流れに沿って、ずらし続けて転ばせる

片腕両手持ちで、それぞれの接点から相手の中心に向かう方向へ弛みを取り、相手を一体として崩す

陽経を広げて手背側へ繋げ、外側の張りを保ちながら相手の皮膚の弛みを取り続ける

卵を持っているときの手首や手の内の深みを、持ってないときにも意識し、落差や鋭さを作り出す

吸い込んだところからの立ち上がりによって相手を浮かせ、お互いがぶつからない隙間を通すように動く

お互いの間の糸をピンと張り、中心の振動でマラカスを揺らして、相手に響かせる

肋骨を締めて頚を立て、さらに締めて中の弛みを絞りきって、相手に向かう力に変える

肩を柔らかく動かして、背骨も鎖骨も胸骨も動くところは全部活かして、吸い込んで弛みを取り、相手に返す

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/998-cee6749c

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】