HOME>呼吸動作研究会

無意識にバランスを取る働き

呼吸動作研究会 2019.06.23

今月の研究会は、K元さんが進行してくださいました。
仰向けに寝て、手で触れたり呼吸をしながら、全体のバランスや骨盤の現状を確認しました。
骨盤のアンバランスを直接整えようとするのでは無く、首を回旋したり、体幹を横に倒したりして、離れた場所の動きによって骨盤に起こる変化を観察しました。
そして、バランスが整う方向へ向かう動作を、呼吸に合わせてゆっくりと行ないました。
二人一組でペアに骨盤に触れてもらい、自分の実況中継とペアの評価の両方で変化を確認しました。
弛んで繋がってくると、それまで反応が薄かった動きでも、連動してくることを実感しました。

それから、高めの台に座り、脚が着かない状態での骨盤のバランスをチェックしました。
改めて両足を着いてみると、バランスを補正するために脚のあちこちに緊張が入ることを感じられました。
ポジションによって、無意識にバランスを取る働きが、違った形で表れてくることを自覚できました。
少しずつ動きを小さくして連動を観察していくと、頭部のわずかな動きでも、骨盤まで伝わっていくことを感じられるようになりました。

後半は、SRさんが普段されている施術を体験させてくださいました。
これまで学んでこられた手技に、センタリングの意識が加わると、姿勢から相手の反応まで大きく変わっていたことが印象的でした。

進行してくださいましたK元さん、参加された皆様、今月もありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/999-e72bdc1b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】