呼吸が詰まらないバランス

合気観照塾 2018.02.17

近付いてくる相手の距離感も含めて息を吐き、相手の後方の空間まで掬い上げるように息を吸う

上肢帯を浮かせた状態で待ち、相手の手の内でも浮かせたまま弛めることで、緊張や重みといった拠り所を無くす

相手の掴み手に対して、全体がふわっと膨らむように緊張させずに張り、真剣の鋭さを共存させて方向性を持たす

自分が息を吐ける位置に腕を上げて吸い込み、指先まで息が通るように吸い上げ、常に呼吸が詰まらないようにバランスを変えられると技になる

相手からの接触に対する脱力を起点として「鳥と亀」や「扇子回し」を行うと力を返せることを体験し、どこから触れられても対応できるように合気体操が創られていることを学んだ

中心軸で皮膚の奥行きの分だけ相手の軸をずらして、吸息と共に引き分けることで相手を浮かす

刀棒で、相手の左右の手の内からそれぞれ頚へと通し、相手の身体の緩みを取り切る

全身の引きと攻めが途切れないよう、分け目を動かすことで、刀の反りに沿ったカーブで落とす

刀の刃筋と、仙腸関節と肩を通る対角のラインの動きを一致させて、三次元的なバランスで相手を斬る

木刀を空中に留めたまま、肩や肘を弛めてぶら下がった状態にして、中心から鞭の動きを伝える

稽古中に、肘や肩など固まっている場所を指摘して頂くと、力が通ることを体感させて頂き、自覚できていない緊張がいかに多いかを実感した

相手の持ち手に沿う

合気観照塾 2018.02.10

青岸で構えて、相手が持ってくれたバランスのまま身体を弛めて、相手に丹田の動きが伝わるかチェックする

二刀それぞれから相手の手の内の緩みを取って、進む力が中心へ向かうように合わせて攻める

雷刀を相手が構えた刀に付くように下ろし、接点の点の傾きの変化によって、相手に入れる

刀を両手で担ぎ上げ、浮かせた位置をキープしたまま中を弛めて、相手を落とす

吸息と共に恥骨を締めて両脚を張り、軸を伸ばして下方からの吸い上げで相手を浮かす

下肢の張りと、上肢の引き分けを一致させて、両手と刀との間の緩みを取って一体としておく

片脚を引いて道を開け、分け目を動かすことで、刀のバランスのまま落とす

浮かせたところからずらして相手の重心を崩し、崖っぷちの位置から仙腸関節の切り返しで後押しして転ばせる

真っ直ぐ構えていても、相手の持ち手に沿って弛めていくことで、刀の傾く流れが起こり、捩り込みの動きが自然に生まれることを感じられた

相手の手の内に逆らわずに弛めていくことで刃筋が生じ、そのまま進むと相手を転ばせられることを体験できた

中心と繋がった瞬間

合気観照塾 2018.02.03

吸って刀を浮かせ、さらに吸って上に上げ、弛めたときのバランスの変化によって、剣が下りて足が踏み出される

体幹が下から締まるように吸い上げて腕を上げ、中の伸びの頂点で分け目を担ぎ上げる

体幹の動きを、手では無く、肘でコントロールしながら廻刀し、常に両肘の関係性を保ちながら動く

両手を引き分けて自分の緩みを取ることで、相手の左右の手の内を取り、中心と繋がった瞬間を逃さずに進む

手掌に棒を立ててバランスを取るように、刀を持つ相手も含めて浮かせ、釣り合いを保てることを体験した

相手をどうこうしようとせず、自分の力が抜けるようにセンタリングしている内に、相手の身体が繋がり、動けば崩せる状態まで導けることを感じられた

自分の真っ直ぐではなく、相手の持つ刀のバランスに合わせて触れに行き、外枠はそのままで丹田から入れる

弛めたときの骨盤の角度に沿って立て替え、仙腸関節の動きを手まで伝えることで捩り込む

刃の反りに合わせて呼吸を通し、切っ先まで吸い上がっていく力を同調させて、相手を浮かす

相手が構えた木刀に手を滑らせ、接点に全体の引きと攻めを集約することで、面ではなく点で力を伝える

滞りがゼロになる姿勢

合気観照塾 2018.01.27

能動的な動作や意識を先行させず、相手の中を観察する受動的な働きで、全体を把握しながら頚まで繋げる

吸ってさらに吸って、接点を一体として、ロッキングチェアで後方にもたれることで、バランスの変化によって相手を浮かす

お互いが釣り合ったところから、弛めることで不均衡を作り出し、自分の自由度を高めながら相手を崩す

後頭骨を浮かせて頭部の高度を保ち、そこから下をプラプラにして、どこをどう持たれても自由に形を変えられる状態で待つ

相手に掴まれた接点に合わせて、肩や肘の力が抜けるように体幹を弛め、身体の滞りがゼロになる姿勢に近付ける

ゼロになったところから力を抜いたまま動ける方向に動くと、相手が転ぶことを体験し、技に形が無いことを実感できた

腕を持たれた状態から脱力して、お互いのバランスにおける肘の落下地点に向かって弛め続ける

相手が押してくる負荷を腹側で受け止めずに、対応する背側の点まで吸い込んで、奥行きを持たせて返す

意念によって、後方の空間や地面の下まで呼吸の届く範囲を広げ、身体の幅より大きな落差を産み出す

正坐位で膝の形状に合わせて手を沿わせながら滑らせ、五指が集まったり、手首が決まったり、手が裏返ったりする動きが、自然に生まれることを感じられた

指の先へ意識が通っていると、実際に触れていなくても、触れられているような感覚が伝わることを体験させて頂いた

手の中心の感覚

合気観照塾 2018.01.20

吸って弛めて吐く流れと全身を一致させて自分を一体として、軸を細くし、足を運び、重心を移し、指先まで力を伝える

接点を同じ状態で残すことで、相手を繋げたまま浮かせる働きを保ち、他は弛めて自分の自由度を上げる

相手の肘から先の重みを取り除いて、肩の力が抜ける位置に浮かせ、脱力と重力によるバランスの変化に付いていく

相手の弛んでいく流れに沿って、自分を弛め続けることで、どこもぶつからないように重みを地面まで落とす

下肢内側を通って呼吸が吸い上がり、肋骨が締まり頚が伸びる姿勢で、触れる前から上肢を浮かせ、吸い込める前提を作っておく

接点から同調できると、その方を通して奥の人の緩みも取ることができ、何人いても同様に力を伝えられることを体感した

前方の相手に合気上げをして、その力を自分の身体へ逆流させることが出来ると、後方の相手にも合気が掛かる

肘が肋骨の締めと共に浮き、弛めながら落とせる位置にあると、肩の力を抜けることを感じられた

丹田から伝わった動きを、肋骨の操作で手にも反映させ、手の中心の感覚を維持したまま五指を柔らかく使う

手の形を作るのではなく、吸い込みに伴う脱力と、指先までの吸気を、相手との接点に合わせて行うことで形が生まれる

相手の労宮が決まるように緩みを取り、生まれた点から相手の中を通して頚まで繋げる

臨界のバランス

合気観照塾 2018.01.13

上肢を浮かせたまま、丹田の動きを指先まで伝えることで、相手を波に乗せて崩れる方向に導く

腕の上げ下げではなく、中の浮沈子の動きで、自分の手の位置を操作し、相手を誘導する

下方からの吸い上げで内側から膨らませて、両肩を押してくる手に沿わせ、鳥と亀の動きで力を返す

息を吸って浮かせたところから、肩甲骨をそれぞれ接点に合わせて弛めることで緩みを取る

緩みを取ったバランスのまま身体を弛めて、圧を変えずに下腹部の球を回転させて相手に力を伝える

相手との接点がどこであっても、相手の固まっている場所を感じ取り、弛められることを体験させて頂いた

ロッキングチェアで前方へ重心を移動し、前に倒れる臨界のバランスで起こる反応によって一歩踏み出す

お互いに手掌を合わせて、五指の腹から、相手の中心に向かう方向に焦点を絞っていく

相手に中心の向きを合わせ、手で押さずに、全体の重みの移動を手に乗せて相手にぶつける

芯を残したまま自分を弛め続けることで、最初から最後まで相手が力の入らない状態のまま崩す

丁寧に吸って弛めて吐く

合気観照塾 2018.01.06

片足を着いたところから、重心を前方に移動しながら股関節の圧を溜め、体幹の向きを合わせて、反対側の股関節をフリーにすることで引き寄せる

片側の股関節を解放することで、浮かせた脚と目線と体幹の向きを一致させて切り替え、蹴るのではなく交互に弛めることで前進する

下肢の陰経を後方へ移し替えて膀胱経へ繋げ、左右の経路を途切れることなく通していくことで歩く

肋骨を締めて横隔膜を浮かせて背中を脱力し、骨盤が自由に動かせる状態で、仙腸関節と手を一致させて動く

左右に引き分けた木刀を相手に繋がる角度に合わせ、自分の中心が相手の中心に伝わる身勢で丹田から進む

相手の後方まで意識して息を吸い、イメージした通り道へ伝わるように、片足から反対側の手へと通して、遠くから力を伝達する

下肢の陰経に張りが生まれ、肋骨の内側を上り、腕に伝わり、手部が浮くところまで吸い上がるよう、呼吸の到着を待つ

頚を伸ばして後頭部の一点を残したまま後は相手に預けるように力を抜き、自分の身体のバランスの変化に付いていく

脱力した流れのまま施術で弛めてもらうように伸びていけると、いつの間にか相手に技が掛かっている状態を体感できた

丁寧に吸って弛めて吐く稽古を積み重ねていくことで、弛めながら息を吸ったり、吸息さえ見せず弛め続けたり出来ることを学んだ

最下点を浮かす

相手を吸い込んだ外側の形に合わせて、中を締めて軸を細く伸ばし、高度を保ちながら動く

頭部を浮かせて背骨や上肢を吊り、接点の緩みを取ったまま、頭から下が自由に動かせる状態で崩す

挟まれた手を脱力しながら相手に付け、指先までの関節を柔らかくして自分を鍼のようにして動き、丹田からの波を伝える

鞭の先端は指先とは限らず、持たれた場所がどこであっても先の細やかな撓りを生み出せるように、中の経路を通していく必要を感じた

腕を持たれたバランスのまま脱力し、二ヶ所の接点の圧が均一になるように息を吸って、引きと攻めでその中点を動かす

上肢尺側を水面に浮かべながら臍下丹田まで重みを下ろし、腕の重量が溜まった最下点を呼吸で浮かす

軸を立てたまま骨盤や胸骨や頭蓋骨を回旋し、意識や視線のベクトルと一致させ、全体で相手に付ける

鎖骨や肩甲骨の接点の緩みを内側から取り、上肢尺側で焦点を合わせて、バランスの変化による重みを相手にぶつけに行く

相手の中心に合うバランスになるように立て替えながら吸い込み、弛んだ側の股関節を通して対側の手まで伝える

杖で動かそうとせず、同調して自分の軸で相手の軸を攻めることで、直接触れているときと同様に技が掛かることを体感した




本年は、ありがとうございました。
今年も、自分の内でも外でも色々な変化がありましたが、元気に過ごしながら観察を深めることが出来ました。
観照塾や中心塾に参加させて頂くことが、生活のリズムになり、自分の現状を見直す有難い機会になっています。
K野先生を始め、ご指導をくださった先輩方、お相手をしてくださる皆様から、合気に留まらない学びを頂いているおかげだと感謝しております。
来年も成長していけるよう精進しますので、どうぞよろしくお願いします。

中心の点を保つ

合気観照塾 2017.12.09

いきなり動こうとせず、構えの段階で、呼吸によって起こる身体の連動や太極棒の落下を感じておく

胸骨と後頚部のバランスを外側で変えるのではなく、弛めたまま内側を通っていく呼吸によって伸ばす

吸い上げて肩を浮かせ、弛めることで力が抜ける位置に導き、自分を調整しながら技を掛ける

太極棒に小指球の一点を乗せたまま転がし、体幹内部の大きな動きを、小さな点から集約して伝える

五指のバランスを取りながら動かせる点から、弛めて相手を吸い込み、通して力を返す

呼吸で骨盤や肋骨や頭蓋骨を締めて中央の感覚を高め、軸を細くしたまま意識を広げて動く

遠過ぎず近過ぎず、指先から伸びた意識が、相手の瘂門の後方で交差するように通す

両手の間の見えないボールを股関節で転がし、常に中心の点を保ったままバランスを変えることで相手を崩す

触れる前から相手が動く方向と動かない方向を感じ取り、それに沿って呼吸することで手を近付ける

筋力ではなく内の力が働くからこそ、無くしたり、満たしたり、通したりが自在に出来ることを体感させて頂いた

相手の意識を動かす

合気観照塾 2017.12.02

中指を中心として手を沿わせ、脱力と共に手首が決まるバランスで短棒を持つ

棒を物体として掴みに行かずに、相手の内部の情報を受け取るように吸い込みながら触れる

丹田と繋がる位置で腕を浮かせ、伝わる感覚を頭ではなく、肚に戻すことで変化に付いていく

吸いながら浮かせて落としたり、自分の鼠径部へ吸い込んで返したりと、空間を呼吸の深さによって実際の距離より広く使う

呼吸に伴う中の動きによって動作を行うことで、相手の呼吸を誘導し、意識を動かせることを体験した

触れていなくても吸い寄せられたり、小指球の点のわずかな傾きからも力が伝わり、身体がいかに繊細であるかを実感した

自分の内の振動を、相手との接点から順に全体に広げ、振れて戻ってくる動きに合わせて崩す

相手に持たせたバランスのまま脱力し、呼吸に伴う仙腸関節の動きを手まで繋げて、相手と刀を浮かす

相手の手の内を両側から取って分け目を作り、刃筋をそのままに道を空けることで落とす

鞭の動きを手まで伝えて相手を揺らし、中心がずれた瞬間に経路を通して相手を転ばせる

肩甲骨が自由に動かせるか

合気観照塾 2017.11.25

上肢をぶら下げて重心移動で揺らせるかを確認し、呼吸で吸い上げて浮かせ、物打ちに重さが乗るように落とす

吸って上がる分だけ腕を浮かせ、その都度、肩甲骨が自由に動かせるかを確認することで、背部とのバランスで刀を上げる

刀を上げたところで背中が滑り落ちる位置で弛め、頚との釣り合いを取りながら刀を下ろす

左右それぞれで緩みを取り、脱力することで生まれたバランスのまま吸い上げて、二刀を身体と一体となるように使う

相手との接点を一体としたところで、肘や肩や背中を弛めて、中心の回転が指先まで伝わるように動く

脱力できていると、接点の圧を一定に保ったまま、相手の動きにぶつからず「居ない」状態になれることに驚いた

付けたまま動いている中で、相手の固まった瞬間にそこへ入れることで、相手の反応を利用して転ばせる

軸の傾きと前に向かう意識を一致させ、相手の中心に付けておくことで、踏み込まれない領域を作る

胸部の開閉や回旋や上げ下げが伝わるように力を抜き、胸骨と脊椎の中央から連動させて動かす

頚部を伸ばして前を見るとき、目線を少し上げることで頭の位置がキープされ、目の向きもセンタリングする必要性があることに気付くことが出来た

引くのではなく斬る

合気観照塾 2017.11.11

発勁の吸って弛めて吐く動きを、外に現さずに中で処理して、接点を動かさずに相手を崩す

手首を弛めながら薬指を浮かせて三焦経の働きを高め、太極棒の転がりで相手の手の内を取る

手首が決まり、肘に張りが生まれ、肩甲骨が寄り、頚が伸びるバランスで弛める

骨盤の3時9時と12時6時で、相手の持つ太極棒が相手の全体と一致する刃筋に導く

真っ直ぐな棒を引き分けて刀の長さと反りを作り、そのイメージに合わせて動く

全身の引きと攻めを棒の中心での回転に繋げて、引くのではなく、斬ることで相手を落とす

崩すときも力を抜いたまま、刃筋が落ちていくラインを信じて、脱力によって付いていく

太極棒に手刀を当て、吸って後谿穴から入れ、皮膚の緩みの範囲で棒の丸みに沿って転がす

接点を止めたまま弛めることで刃筋が合って道が開け、そのまま小腸経を伸ばすと力が通ることを体感した

発勁と同様に、吸い上げて浮かせたところから肩甲骨を弛めて、バランスの変化に伴う身体の伸びによって相手を転ばせる

触れる前から技が始まる

合気観照塾 2017.11.04

全身に空気が入って広がり、全身が弛んで集まって行くように、太極棒を動かす以前の、呼吸が行き渡る前提を創っておくことの大切さを感じた

呼吸に合わせて太極棒を上げ、弛めることでバランスを変えて向かう方向を切り替え、常に力を抜いたまま動く

背中と繋げて腕を上げ、脱力と共に背側に重みを落とし、肩甲骨が自由に動く位置に浮かせておく

道具と一致して動くことが出来ると、重い鉄の棒でも軽く動かすことができ、軽い木の棒にも重みが宿ることを体験させて頂いた

会陰を締めながら吸い上げて頚まで伸ばし、後頭下筋でバランスを取りながら腕を浮かす

相手の固まっている部位を動かそうとせず、同調した状態で、自分の同じ場所を弛めることで誘導する

刀を引き分けて刃筋が決まるところまで浮かせ、合う位置に来た瞬間にそのまま落とす

手の皮膚を固めずに、柄に広い範囲が当たるように剣を持ち、股関節から手の内の接点を変え続ける

短刀を中央で持って回転させ、手首を掴んでいる相手の中心に合ったタイミングを逃さずに捉える

呼吸で浮かせて弛めておくことで、衛気の時点で吸い込みが掛かり、相手に触れる前から技が始まっていることを体感した

技の掛かりが、相手と敵対せずにそのまま入っていけるタッチが出来ているかどうかで、すでに決まっていることを感じた

中の動きの表れ

合気観照塾 2017.10.28

相手と一致するように息を吸い、肩や肘の力を抜くことで起こる、バランスの傾きに沿って動く

左右の骨盤を分離させ、仙腸関節を立体的に動かすことによって手を操作する

実際に触れていなくても、相手に触れる心持ちで手を扇ぎ、落ちる地点を明確に意識して誘導する

体幹との繋がりを意識しながら、母指から小指へと順に相手の中心に伝わる方向に伸ばす

自分の指先まで伝わっていく螺旋の流れを、相手の腕の中にも通して、頚まで絡めることで崩す

片方の手から相手の撓みが取れるように巻き取り、もう一方の手から時間差で緩みを取り切って転ばせる

身体の中央を下から締めて圧の高まりを絞り出し、喉の奥を広げて、後頭骨から相手に向けて吐く

下肢内側を上ってくる力と共に太極棒が上がり、弛めて落ちていく重みと共に太極棒が下りる

身体の外はどちらにも動けるように弛めたまま、砂時計の砂のように中の動きの表れによって、棒を動かす

太極棒の上下の引き分けと軸、前方への落下と後頚部の引き、分け目と丹田が一致し、どこから押されてもバランスの取れる位置で動く

息を吐く通り道

合気観照塾 2017.10.21

呼吸を吸い上げる経絡を切り替えながら太極棒を浮かせ、身体の動きや力の伝わり方を検証する

吸って弛めたときの、内部の重みの移動や太極棒の傾きの変化を感じ取り、逆らわないように動く

後頚部が伸びて頭が良い位置に納まり、腕を吊るすことができて初めて、相手の重みの移り変わりを感じられることを実感した

肩や肘の力が抜け、下肢からの繋がりが手に伝わると、中心の動きがダイレクトに反映されることを体験できた

指先を伸ばしながら、労宮を柔らかく使い、丹田への出入りと繋げることで緩みを取る

浮かせたところから、太極棒と相手の傾いていく都合に合わせて、どのラインを通っても足底まで落とせるようにセンタリングする

弛めて自分の身体の中に息を吐く通り道が出来ると、お互いの間にぶつからずに落とせる隙間が生まれることを感じられた

太極棒の吸って弛めて落ちていく流れと同様に、膝を両手で包んで浮かせ、繋がって下りていく経路を誘導する

手を沿わせて相手の身体に起こっている揺れに任せていると、自然に頚まで繋がり、弛んでいく働きが起こることを感じられた

肩の力が抜ける位置に浮かせて頚に入れ、中心から伸びていく動きに付いていくことで、指先まで伸展する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】